2017(月刊) 4月度 ②

DSC00629_R.JPG


4/7


画像

画像

勝沼ぶどう郷駅到着

駅ホームから目の前の小高い山の天辺には入浴施設 ぶどうの丘温泉 天空の湯


駅から歩いて行くと約20~30分

まだ開店もしてないので 後々 行くか行かないか決めよう、、


画像

今日は わざわざ 山梨まで来て「桜」を絡めた撮影に来たが 

画像

画像

    

桜は5~8分咲き ・・・どうやら 来たのが 早すぎたようだorz  


画像

EF64


画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像

現役のトンネル横に 使われなくなったトンネルの再利用

最初は 早朝なので通れないのかと思っていたら 閉鎖中・・・

画像

鉄格子の間から撮影 中はこんな感じ


画像

たぶん このパターンはこのまま閉鎖するんだろうな。。


画像

天空の湯は歩いて行くにはキツイのでパスすることに

画像

あずさ・かいじ E257系

画像

スーパーあずさ E351系(2018 4/7 引退)

画像

当然 特急には乗らず普通にて移動w

画像

朝から天気が怪しかったが とうとう雨が降ってきた

画像

画像

勝沼ぶどう郷から甲府へ

画像

駅前に在る 甲府城跡を視察

こちらの桜は そこそこ開花していた

画像

画像

このような先取り陣地取りを見ると 剥がしてやりたくなるよなw


画像

373系 特急ふじかわ

コレに乗れば次の目的地にも早く着くが乗らないw


画像

画像

身延駅到着

ここからバスにて移動

画像

画像

久遠寺

画像

なんだ?この急な階段は!?


身延 聞いたことは有るが実際行ったことがないな~ つーことで下調べ

駅から主だったものは「久遠寺」で 

バスで行けるようなので 行って見るか~

で下調べ終了


画像
到着
DSC00438_R.JPG

足が~膝が~汗だくじゃ!!!


DSC00522_R.JPG

画像
本堂に上がって 歩き回れるようなので徘徊開始

DSC00474_R.JPG
DSC00535_R.JPG
思いの外楽しめた 甘露甘露(意味不明w

DSC00551_R.JPG
奥の方にロープウェイの案内が有ったので導かれるまま進む

DSC00561_R.JPG
DSC00573_R.JPG
山頂は残念ながらガスっていてホワイトアウト状態

DSC00583_R.JPG
奥ノ院へ


DSC00603_R.JPG
DSC00609_R.JPG
次は晴れた日に来てみたいものだ

DSC00651_R.JPG
帰還体制に入る


DSC00678_R.JPG
DSC00676_R.JPG
DSC00684_R.JPG
身延→熱海と各駅にて移動
熱海にて一旦下車し食糧補給し一気に帰還


2017(月刊) 4月度 ①

画像


4/4
画像

水戸駅に到着

画像

水戸駅から勝田 勝田より ひたちなか海浜鉄道湊線に乗換
画像

フリー切符購入

JR東は平日にも*使えるフリー・エリア切符を販売・企画を考えて欲しいものだ
*ここでの「使える」は 平日でも土日祝同様を示す


画像

画像

画像

途中駅の那珂湊駅で下車
路線周辺はこの味のある「字体」で統一されている
画像

那珂湊駅で途中下車
画像

画像

画像

希少なキハ20やケハ600形(車輪撤去)など懐かし車両有り
画像

暑い!! 水分補給w

自販機で買うなんて 何年ぶりだ?w
画像

昭和を漂わす駅待合で休憩
画像

駅周辺を軽酔徘徊開始
画像

反射炉と言うのが気になったので行って見る
画像

煉瓦焼成窯(登り釜)
画像

反射炉
「炉」のことはよくわーらんが 昔使って 復元しましたと言うことのようだ
画像

画像

駅に戻る
おさむとミニさむが居るらしいのだが 今日は見ることはできなかった・・

*2019 6/26 おさむが早朝に逝ってしまった 合掌

画像

画像

画像

終点 阿字ヶ浦に到着
画像

画像

駅舎先には キハ222とキハ2000が保存されている
画像

画像

駅の周りは特にコレだ!!と言うモノは無く・・
ふと 壁の看板を見ると入浴施設案内 
坂道の先にあるようなので下ることに
画像

建物確認 営業もしているようだ

汚れるなら先に海側へ行った方が良いか?と海岸側へ行先変更

画像

画像

今日のかしわ
画像

今日のワンコ
画像

画像

夏は賑わうであろう海岸 平日は近隣の店は全て休みであった
画像

正直言うとあまり期待してなかったのだが ここは良い所だったw
画像

水戸に戻って来た
画像

水戸駅前にある茨城交通の窓口で
 「歴史探訪水浜線 スタンプラリー」を購入(画像なし)
バスでスタンプラリーを行うのだが台紙に何行きに乗れば良いとかは書いていなかった。。
残念ながら 茨城のバス交通網を把握しているわけもなく
台紙とかに載っているんだろうと思っていたので スタートから躓く。。

画像

画像

画像

画像

画像

水戸駅から水戸市街数か所制覇後
大洗方面に繋がるバスに乗る予定であったが
降りた場所が悪かったのか 大洗に繋がるバス・乗換・乗り継ぎがわからなかった。。

このままバスオンリーで向かうのは困難と判断し 再度 水戸駅に戻り 電車で大洗に向かう
大洗駅到着後 ポイントであるガソリンスタンドまで歩く
水戸方面にスタンプ2か所ポイントが有るが バスでは行くには時間帯が悪く 本日は断念

画像

期間内に制覇すれば良いか・・・

画像

スタンプラリーは次回持越しにしたので 時間が微妙に余った

スタンディーパネル設置店再訪に切り替え

画像

前にも書いたが このパネル 店休や夜から営業が有るので1日で全制覇は(たぶん)無理
(2019現 未だ数か所 制覇できていない)

画像

画像

当時の)大洗アウトレッドを管理していた会社がトラブル発生させた為
 「ガルパンギャラリー」と「まいわい市場」閉鎖(のちに移転)
画像

空店舗も多く 活気も感じられない

 賑わってるのはガルパンの所だけ・・・

ついには誘導ガードマンすら居なくなると言う状況であった

画像

ゴーストショッピングモール。。

画像

すっかり暗くなった
画像

いつもどおり 水戸からは普通グリーンにて帰還


2017(月刊) 3月度 ⑧

画像


3/30

画像

本日も普通グリーンにて快適移動
画像

時間帯によるが うまく行けば乗り換えなしで来れるのが良い
画像

画像

沼津に到着
画像

画像

重い腰をやっとこ動かし 
本日より行動範囲を沼津周辺まで拡大
画像

ラブライブ サンシャイン
アニメ1期は終わって 2期待ちの状態時からの参戦となる

基本は大洗をベースに作った(らしい)サンシャインコンテンツ

出遅れ参戦&全てを網羅した状態での訪問ではないので多々見逃しもあった(2019現 コメ)
画像

もう この時点で 駅構内外 サンシャインコンテンツはある程度出来あがっていた
画像

画像

サンシャイン関連は沼津中心に広範囲であり 基本 車が必要
今日は電車バスのみ そしてサンシャイン攻め初日なのでマイルドに行動予定
画像
 
画像

画像

東海バス ラッピング1号
画像

沼津に来たばかりだが 今より三島までラッピングバスにて三島に戻るw
画像


三島駅に到着

画像

画像

東海バスサンシャイン限定品をGET後 伊豆箱根鉄道駿豆線へ
画像

画像

恋になりたいAQUARIUM Verラッピング車両 3501編成
( 2016 4/27開始  2018 4/1終了しました)
画像

実はこの時点では よくわかっていなかったw
1期は観たが こんな場面・回があったっけ???的で
後で調べたら CDに付いてくるアニメPVが基になっていた(2019 コメ

画像

三島から修善寺に移動して来た
画像

画像

ふと 気づくと電車で 「修善寺」って来たの初めてじゃね?w
車バイクでは通過ばかりだったな。。

画像

画像

画像

落ち着いて撮るなら修善寺がベスト
作品で関連が有るのは途中駅の 伊豆長岡駅で その絡みでラッピングと言うのも後日知る
画像

駅舎はリニューアルしてキレイ
画像

JR 踊り子も乗り入れしているので 後日 乗ってきても面白いかも(高いけどw
画像

修善寺から再度 沼津に戻って来た
画像

画像

駅前の雄大フェスタ(SUN!SUN!サンシャインCafe)入口のみ立ち寄り 再移動
画像

画像

沼津から御殿場線利用にて 国府津 御殿場線制覇
画像

国府津から東京で途中下車
画像

ガルパン山手に再度挑戦してから帰還

画像

今日の土産




2017(月刊) 3月度 ⑦

画像


3/27

画像

AM4時到着
画像

土合駅
画像

あと少しで4月だが谷川岳周辺は今だ雪国モード
画像

始発は6時半頃か。。
画像

何回か駅前を通り抜けたことは有ったが 立ち寄りは今回が初

画像

画像

この時間に駅改札を通り抜けられるのか?だったが 24時間開放のようだ
入場券購入しようにも券売機は土合は設置されていない
通常は 入場証明書発券で車内清算

画像

1番線方面へ
画像

普段から人が少ない 土合駅
この時間 まさか人が居るとは思わんが
もし居たら お互い驚くことになるな~とか思いつつ進む

*駐車場に2台ほど無人の車が既に駐車していた
*車に雪が積もっていたので雪山入山者と推測

画像

そして メイン所の階段入口
画像

自分の足音と 水の流れる音のみ
画像

画像

ホームに到着
画像

画像

画像

画像

画像

堪能したので そろそろ地上に戻ることに
画像

トイレは暖房 無人駅特有のレトロ感なく 近代的 そして こちらも24時間開放であった

画像

土合駅から谷川岳を目指す
画像

谷川岳登山指導センター
車で行けるのはココまで 雪で道路は塞がれて 一ノ倉沢便所前までは行けない
画像

谷川岳登山指導センター前の坂道
今日来たのは 土合駅に行くのと 中古スタッドレスタイヤ性能を試す為に来たのだ

今までスタッドレスを履いて 走ったことがないので
どんなもんなんだ?と言うのがあった。

いざ 履いてみると 雪の有る方に出かけないもんだな。。と

センター前の坂は 空回りしながら なんとか登った感・・・
中古なので本来の性能ではないのだろうが ガッカリな感じであった
これは 過信は出来んなと学習した

画像

谷川岳ロープウェイ前で明るくなるまで寝ていようかと思ったが
 トイレがないので道の駅水上まで下山
7時頃まで車で仮眠 毛布1枚では厳しかった 次回は寝袋+毛布2枚か?

画像

画像

せっかく来たので温泉に入って帰ろうと各所巡ったが 早朝過ぎて入れるところがなかった・・・
画像

迷ったあげく 毎度の 道の駅白沢で入浴して帰還




2017(月刊) 3月度 ⑥

画像


3/22

画像

山手線 ガルパン 戦車道大作戦ラッピングをやっていたので全絵柄制覇に挑戦
金のかからない時間つぶしである
(定期区間を利用 駅入退 約2時間制限)

画像

撮影を試みるが ホームドアが邪魔なことに気づく。。
そう言えば 糞鉄共は反対ホームで待ち構えていたな~と思ったが
 今回は面倒なので入線ホーム側で済ますことにw

取り敢えずホームドアの無い 駅に移動開始

画像

1回に撮影出来るのは3~5ショット
真正面で撮りたいが 停車時間が少なく 斜め撮りが多くなる
 ま 仕方なし。。

画像

勿論迷惑にならないように人が去ってから撮るが

コチラが気を使っていようが 

いまいが 通常人から見たら

 タダの糞撮鉄であるww

画像

山手線なので1時間程 粘っていると 大体のパターンがわかってくる
内回り 外回りでラッピング車両が同時に走っているので
次はあっちのホーム そろそろ反対側に移動せんととかやっていたが 途中でわけワカメ状態になたw

画像

2時間超すと改札でSTOPされるので2時間になる前に一回ホームを出て 再度入場
または移動 定期区間内の途中駅で入退を繰り返す

けっこう 疲れるなコレ・・

画像

画像

なるべく大きく 正面撮りたいが 人が去ってからだと時間が・・・取りあえず撮れれば良いかとw
画像

画像

画像

画像

一応 外側は制覇したので今度は車内へ(全部は掲載してません)
画像


画像

画像

中吊り 昼間でも人が多い・・
残念ながらa7Ⅱにサイレントシャッターが無いのでシャッター音も気になる(汗
糞鉄魂を持ったら輩なら気にしないんだろうけどw

画像

新駅建設中(高輪ゲートウェイ駅)

画像

音鉄w

画像

費やした時間 約5時間 
効率的では無かったが 時間つぶしと精神力鍛錬にはなったw




2017(月刊) 3月度 ⑤

画像


3/19
画像

恒例 ながら利用にて西に向かう

3/20
画像

恒例 浜松での停車 ここでは長く停車するのでコンビニにお出かけw

画像

今日は名古屋にて乗換
画像

画像

画像

キハ120形
名古屋から亀山へ移動
亀山から加茂へ
画像

画像

加茂でまたまた乗換
画像

画像

今日の最初の目的地 法隆寺駅に到着
天王寺からJR大和路快速で来た方が楽だったような気もするがw

画像

たぶんバスとか出ているのだろうが 乗場がよくわからんので目的地まで歩く 約1.6km
画像

画像

南大門到着
入口にて参拝料払うが高い・・
画像

法隆寺へ
画像

画像

画像

画像

画像

各所巡るが特に感動 厨房時の記憶も無くw
それにしても 奈良 3月で この暑さ・・・

駅まで戻る

画像

画像

法隆寺駅から奈良駅へ

画像

画像

画像

駅から奈良公園内を歩く
奈良公園と言えば鹿 鹿だらけ 地雷だらけ・・・
画像
 
春日大社行く前に寄り道
画像

金竜神社へ
画像

残念ながら御利益は感じずw(現2019)
画像

画像

画像

人だかりが去り 静けさを取り戻すと やっと歴史ある場所に来たんだなと
画像

春日大社
画像

折角来たので特別参拝を選択

画像

画像

画像

画像

画像

半周 通常通れない(らしい)特別参拝を完遂
画像

画像

画像

燈籠回廊 なかなかの趣き
画像

画像

画像

奈良公園を横断 インベントに寄りつつ奈良駅方面に向かう
画像

画像

元興寺付近を通る 改修工事で2か所見れなかった
画像

奈良駅到着 ここから名古屋までは各駅 往路の逆パターンで戻る
画像

次は来ることがあるのだろうか?
いまいち・・
振り返ると 今回は 消化試合的な感じであった。。。
画像

名古屋到着
ここからは「ぷらっとこだま」利用にて 鈍足新幹線にて帰還


2017(月刊) 3月度 ④

画像


3/17

画像

たまたま上野駅 伝統の13番線ホーム側を見てみると 人だかりが出来ていたので近づいてみると
画像

四季島が止まっていた
画像

どうやら今日はメディアに対しての公開撮影日のようだった
もちろん 情報を嗅ぎ付けた糞鉄共も居たが 今日は比較的少なかった

画像

画像

前回は四季島を撮鉄共から守るため 意図的にE233回送の壁を作っていたJR東
今日も 程なくすると高崎線入線 今回は通常運転で入線防御策?
画像

画像

高崎線内からの撮影
画像

画像

四季島専用ラウンジ入り口
昔はトイレ 納品口だった所w
画像

そろそろ時間なので 仕事に戻るかw


2017(月刊) 3月度 ③.3

画像


画像

*拾い画像
ありのままを書くぜ

前記したがコンビニに近い 安いがメインで選んだ宿ではあったが。。。
建物は年期有り有り
受付に人は居らず呼び鈴鳴らすも出てこず・・
現地 フロントに居るにもかかわらず ホテルにTEL
しばらくしたらホテル関係者登場と言う 初めてのパターンだったw
おばさんの対応は親切ではあった
が もう一人ぬっと登場
主人らしき人物は大柄というかフレンドリー?
家族経営のようで 一般的ホテルを基準に考えてはいけないようだ
部屋はワンルームの和室 一人なら十分な広さ ただしタバコ臭有り
雪国ということで二重窓 換気する為窓を開けてみようと試みるが
建付けが悪く 窓を開けるのに一苦労した
主人と思わしい人物に 風呂をすすめられていたので 早速風呂へ入るが ぬるい・・・
温泉のバルブらしき物があったので勝手に開けていいのいかわからなかったが
風邪ひくのも馬鹿らしいので解除 お湯が出てきたので正解のようだ
温泉から出ると主人らしき人物に「そこの風呂じゃない 地下に有る方だ」と言われる
場所をちゃんと説明しろと思うがそこは素直に頷き 一旦部屋に戻る

画像

画像

飯の時間になったので移動し大広間に行くと 配膳は既に完了していて 早速頂く
飯の内容は自分的には 特に文句はない
ただ この広い空間 端っこに自分だけという 雰囲気は独特なものだった。。。
今日の客は自分だけなのだろうか?
話し声や 数部屋先からは物音がするので 他の客は夕飯無しプランなのか??

飯後 先ほど教えられた 本当の温泉の方に入りに行く
通路は節電なのか薄暗く はっきり言えば不気味な感じ
貸し切り風呂と自慢の薬湯に入る
やっと温泉に入ったと実感できる
湯は悪くない 
じわじわ効いて 汗がなかなか引かない良湯
ただ 建物 施設に問題が有る 
湯場は味のあるクラッシックな作りでこれはこれでいいと思うがのだが 
せっかくの温泉が勿体ない感じで 現代的建物施設にしたら少しは。。とか 要らぬ考え
夜 朝と2回入り
翌朝

3/9

画像

画像

どうやら 昨日今日のの客は自分だけだったようだ
広い空間で 達磨の絵を見ながらの静寂な朝食を頂いた。。乙と言うより鬱な感じ

画像

関東の3月で雪はよっぽどじゃなければ もう無いが
 さすが雪国 朝から雪が降り続く

画像

画像

今日の一湯目 岡崎荘 
湯色は若干白濁 透明に近い
湯温はそこそこ高く 少し加水しないと入れない状態であった
露天もあるが冬季は使用しないのか 水であった
広い湯舟では無く こじんまりとしていたが 施設は新しく清潔感有り

画像

画像

今日の二湯目 姥乃湯
画像

画像

ここは たしか1施設で4つの湯が楽しめた
露天 白濁した湯 透明に近い湯などバラエティーに富んでいた
次回 泊まるならココかなと
画像

画像

画像

鳴子温泉から各駅にて福島そして宇都宮
宇都宮からはいつも通り 普通グリーン利用にて帰還