梨本塾② 

~負われる者~

梨本塾参加を決意したものの なんか焦っている
今回は不安比率が高い
以前から書いてるが日曜に休みを取るには前日に3日分以上をこなしてからでないと
 部下にも負担をかける 否 かけてはならないのだ
そう自分の趣味で他人に迷惑はかけられない
無事に仕事は終わったものの 何かに追われている感じが抜けない・・・


1月極寒の中でのサーキットは11月の比ではないはず
タイヤのグリップ感を感じられるだろうか?
ましてや約1ケ月間 バイクに乗らず体も日頃の怠慢で鈍りぎみ

最大の不安は今まで練習してきたことを
 
「体が忘れているかも・・」

追い討ちを掛けるように 前日は早めに床につくが なかなか寝付けることが出来なかった

自宅前での最終メンテを済まし いざ トミンへ

R17→外環→常磐道

埼玉から千葉さらに茨城と先に進むにつれ寒さの違いが判る程
特に親指の感覚が無くなりかけてきたのと 時間もあるので守谷SAで休憩

途中 妙にトラックに張り付きながら走っているSRXがいた
風よけ走行ですな

駐車場にバイクを止めると 先ほどのSRXも続いて駐車

挨拶してみると 
彼も梨本塾参加者だと言うではないか!!
名はマロ氏
今日はSRXだが本来はドゥカティー乗り Aクラス しかも前日も筑波でも走ったとのこと
 
「つわものだ・・・」

その後 土浦北で降り 途中でGSで給油。
まだトミンまでの道中に不安があったので
 道確認の為 給油に来るバイク乗りに聞く

その彼の風貌はツナギ

 CBR1000RR タイヤはドロドロ。(のちのK-RUN Aクラスで3位だったかな?)
梨本塾参加者しかありえないw

マロ氏が聞き 自分はそばに立っているだけであった
ん~ 
「椋鳥全開である」
椋鳥?
椋鳥についてはコチラで
  • ヨーイトナ


  • なんとか道を間違えないでトミンに着く
    画像


    スタートは9時半からA・B・Cの順である。9時くらいまでに受付 小さいテントが目印です

    トランポで来られる方はなるべく車幅詰めて止めることと
    止められる台数に限りがあるのですが
     今の所 一杯で止めらんね~と言うのは見たことないです(参加2回目なんで 正確ではないです)

    塾長に挨拶し スタートを待つ

    もちろん自分はCクラスなので 
    A・Bクラスの走行を見ながらラインやら 皆どんな感じでタイヤを暖めながら走るのか 注意しながら見学

    実走行までは 周りの方と話しながら 今回の走行を脳内シュミレーション

    1本目
    ラップショットやP-LAPなど付けてないのでタイムはわからないし
    気にすることもないので
    周りに合わせ しばらく走ってみることにした

    走行前 塾長から助言
    「焦らず タイヤを暖めるように」
    とのこと

    しかも 空気圧の調整を忘れてしまい 即 調整
    すでに ここで 焦っている自分が居た・・・

    数周し それなりに走る 
    が、
    「なんか 乗れてない・・」
    さらに数周し膝も擦るまで倒すのだが 上半身に力が入っているが自分でもわかる
    「なんとかしなくては・・」
    次第にペースも上がり 数台 抜かす
    オーバーペースの為 基本も糞もあったもんじゃない走り
     ただ 前に走っているバイクを抜かすだけの走行・・・

    「駄目だ!!一回 頭冷やそう・・・」

    コースから抜け PITに戻る

    塾長が仁王立ち
    塾長:「駄目だ!!ただ抜かそう 抜かそうしてるだけじゃないか?もっと 落ち着いて走りなさい」

    愚:「御もっともです・・・すいません」

    何点か注意とアドバイスを貰い 再スタート

    心の焦り そして情けなさの中で 考えながら走行するものの シックリ感は 出てこない・・
    有耶無耶の内 1本目は終了

    走行後
     今回初参加のCB1300のK氏(のちの 悪人 ワイルド氏)などと話ながら
     1本目の反省と暴走気味な走りと心の安定をはかる
    途中 気持ち悪くなり K氏と話たが ダンマリ状態に陥る・・すんませんk氏

    2本目
    良く考えたら 課題 テーマを絞り込んでないのを思い出す

    今回のお題は?

    「なんだろう?・・・・・ギアチェンジかな?」

    帝王コーナー手前がポイントでパターン化
    もちろんブレーキングポイント 半クラ区間等でもある

    シュミレーション

     再度 基本に戻り 尻でバイクに乗ることを心がけ なるべくスムーズなギアチェンジ 立ち上がり重視

    立ち上がりの謎も気がかりだが

    今は抜かすことよりも 大事なこと 基本走行の徹底

    昼食時間に塾長が走行する
    画像

    こんな風に走れたら・・
    いつか来るのだろうか?

    3本目
    予定より 少しだけ早めに走行開始になった。
    今日は比較的 日中は気温が暖かい 気温低下での転倒防止のことも有り 早目の開始である。

    前半はタイヤの暖め走行&体ほぐし程度の走行
    再度グリーンフラッグが振られるとタイムアタックの開始である。
    自分なりに走ってみる。それなりのペースで飛ばすが
    結果は32秒88・・・・遅

    予選ではCクラス 10台中(9台かも?)で4位
    このままの順位でK-RUNのスタートになる

    数周 再度タイヤ暖め走行後 スタート

    旗が振られK-RUNの開始

    スタートダッシュ
    1コーナー過ぎたまでは 4番目をキープできたが 前3台をなかなか抜かせない・・
    しばらく 前のバイクについて数周
    全20LAP中に なんとかしなくては~

    「このまま4番目キープで行くか?」

    そんな甘い考えが仇となり インフィールドで痛恨のギアチェンジミス
     黄色SVに抜かされ 数周後にはCB-1に抜かれ5位に転落・・・orz

    特にCB-1の人を抜かせそうで抜かせない モドカシイ状態が続き ラスト1周となり

    「5番目か~・・・」

    と思いつつ 最終コーナー抜けゴール
    と思い走ると なぜかCB-1が減速

    そのまま 抜き去り4位でゴール

    「なんだ?なんでだ?あのまま ゴールに飛び込めばCB-1は 4番目のはずだったのに???」

    そんなことがなければ
    実質5番目・・・・・
    画像

    ※順位は間違っている可能性がありますので 間違っていた場合 後日訂正します。

    走行後 Cクラス1位のGSX氏が側に

    彼は9月の初参加の時 お会いしたのですが こちらは気づかなかった・・
    しかも 同じクラスで走っていたのに・・・すんません

    その後 表彰式

    1~3位の方には賞品有り&シャンパンファイト

    「取敢えずはCクラス3位を狙うのを目標にしてみるか・・・・」

    今回K-RUNが 早めに終わったので 10分位 フリーで走ることが出来た

    自分も少し走り 今日の走り納め

    帰りは常磐に入るなり 生理現象ですぐにPAに入り その後 飯を食べたのですが 
    これが イケナカッタ・・・
    帰りは疲れからか 睡魔が襲ってきました

    こんな感じで 今年初の梨本塾は終了

    来月も行く予定なので

     課題を整理し 変な欲を棄て 精進する


    2012 訂正






















    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!

    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

    →ログインへ

    なるほど(納得、参考になった、ヘー)
    驚いた
    面白い
    ナイス
    ガッツ(がんばれ!)
    かわいい

    気持玉数 : 0

    この記事へのコメント

    2006年02月02日 12:13
    今年、初のサーキットは順調にこなしましたね。おめでとうございます。
    毎日30分ずつ走れれば、とても上手くなるんでしょうがたまに走るんでは体が忘れちゃいます。 まぁ、趣味では致し方ないですね!

    ところでCBR600の場合、1速で95キロ・2速で130キロ・3速で155キロ程出るんでしょうが、どんなギヤを使用してるんですか?
    写真で見るに、タイトなコーナーに思えるんですが、ベストなバイクはどんなサイズなんでしょう? 250cc・・?

    とても読みやすい記事構成です。パチ、パチ、パチッ!
    2006年02月02日 16:48
    小排気量が比較的有利らしいですが ベストLAPや順位を見る限りではリッターだらけ・・・
    ギアについては2速ホールド走行も一つの手らしいですが 自分は3速まで使います。
    ただし それに伴う弊害と言うよりテクが追いついてないだけみたいなんです。

    2006年02月03日 12:10
    アルバムを見ましたが、愚者さんて、身長があるんですね。175cm位なんでしょうか。
    CBRのポジションがキツク見えますが、どうなんでしょう。
    愚者
    2006年02月03日 13:52
    身長は170です 腹のせいです ポジションきついのは・・・