茂木⑧ 2006

~知る者~

不安と期待を胸に秘め 車中では走ることよりも 到着することに専念していた

時刻8時過ぎ やっと水戸ICに着く

「どうにか 間に合いそうだ・・」
ICからツインリンク茂木には早く見積もって、約40分ぐらいだろうか その時の道路事情によりきりだが・・

「よりによって 二度寝するとは・・」


ダートトラックスクール

北・東・南コース そしてフルコースは利用したことがあっても
ダートトラックなんて気にもしていなかったので 場所すら わからない状態

場所は南コースの横

Honda Collection Hallの前の道を渡った駐車場下にある

普通に茂木場内を車で走っていても 駐車場の奥まで行かないと、ダートトラック自体を見ることは難しい


予約・キャンセル待ちメール

二輪体験走行プログラムに
「ファーストスキルアップ」や「丸山サンデーレースやろうぜ!!」等
のプログラム走行がある

もちろん 今回のメインのダートトラックスクールのメニューもある

各プログラム参加には主にネットからの予約

今回 11日走行枠にいたっては 日時決定から予約満員・完了まで3日と掛からなかったらしい

それだけ人気も有るのも事実だが 走行人数が20名までと言うのが最大の原因

特に土・日・祝にいたっては 即予約終了らしい

逆に平日にいたっては 予約に余裕が有り 参加者も少なめとのこと(場合による)

スクールとパーティーと2種類あるが
最初はスクールにしたほうが良いと思われる

もちろんパーティーも可だが 本日受けた感じではスクールを進める

後々パーティーにも参加するつもりでいるので
その時に改訂・訂正として付け加えるつもりです。(参加してみないと わからない)

*結局 2012 茂木ダートラは5月で終了し 茂木で走れることは事実上 無くなる。
しかも 数年前に自分は見切りつけて 止めてしまう
ダートラパーティーも結局 参加することもなかった・・

2012 追記




今回 自分が参加してみようと思った時には
 
時すでに遅し・・・

状態であった。
 
今回は なんとかキャンセル待ちにて 運良く 休みの日と!!

予約GET!!

茂木南側入り口に着いたのが8時半過ぎ・・

しかし 財布に入っているのは 1000円のみ

最低でも受講料1万3千円+a 急いで 茂木市街に向かい セブンでフトコロを生暖くし 来た道を戻る

ゲートを潜り 駐車場に着いたのが8時45分近く
ギリギリセーフ

9時集合になんとか間に合った

見渡すと車の台数が少ない

一瞬 「場所間違えた?」と思いつつ
他の車を見ると オフロードっぽい装備を整理してる方達がいたので
 「本当に此処?」と不安になりつつも ここで待ってみる。。

9時近くになり 周りの動きが まったく無く 不安でしたので 隣の車の方と受付はどこで?と聞いてみた

A氏:「僕も今回 初めてで・・」

A氏と 少し話しをし どうやら 駐車場下(駐車場が高台)にダートトラック 脇に小さいPIT

そのPITで受付をしていると放送が入り 安堵

一通り 受付を済まし 土手を再度登り 車に戻る
(受付にて料金と受講用紙 ゼッケン 計測器を貰う)

実走行まで しばらく有るので A氏 ぴたはは氏 ブンブン氏の中に、少しタムロさせてもらう

その後 ツナギに着替えると・・・
???ハッ!?

どこかで見た顔・・・

先日の「丸山サンデー(略」でみよ~ん氏の知り合いぎん氏が居る!!?

挨拶し

みよ~ん氏登場!!

ちなみに
 みよ~ん氏とは 連絡先なども教えあっていませんし 偶然がこうも重なるって・・・

「やばいぜ・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

装備

装備 今回はなにも用意してない

既存のオンロードツナギのみ

メットも普通でオフ用でもないし グローブもレーシンググローブ
格好だけ見ると フルコースか北コースに来た人みたいですが これでもOK

今回 中には薄手の長シャツ・ジーパンと言う方もいました。

「コケタたら痛いだろ?」

と思うが ブーツ 上半身のプロテクター 肘 膝等の各関節パット類 
メットは茂木側で用意され(要予約・予約した人数分だけみたいです)借りることが出来る

係りの人に一言、言うだけで 借り物チェックは無し

走行予約時にブーツの貸し出し・サイズを入力欄が有る

借りた
膝 肘等のパットをガムテープで固定
そうしないと ズレて 痛い思いをするとのこと

ガムテープは茂木側が用意していたかは不明ですので 各自 持参が良いかも
最後に、貸し出し料は取られない

*ちなみに
 オンロード装備でダートラは冬は まだ大丈夫だが

 夏は止めた方が良い

なぜなら オンロード以上に疲れ 汗も半端じゃない
それなりの ダートラ装備は必要と自分は思う

2012 追記




ブリーフィング

1日の流れ、
コースイン・アウト、転倒時の対応、旗の意味等
特に 今回は 初ダートラ 
走り方からなにから 最初から気は緩められん位 集中して聞いた

一通りのブリーフィング後
初心者クラスには 座学が約1時間ほど有り

ちなみに
経験済みは緑ゼッケン 初心者は青ゼッケンで分かれ 緑の方は即 走行

 覚えていること
*忘れてる 間違ってること有り

まず バイクはXR100 SL230 TW223が用意され

初心者が使うのは まずはXR100で

「まず」と、

書いたのは PM走行よりSLとTWを使える



 全車種フロントブレーキは付いて無く リアのみ

では どのように止まるか?

簡単に書くと スノボーやスキーみたく 
チンタラ止まるなら スピード落として リアで十分

 制動となると 違い

スキーに見立てると エッジを立てて止まる

ここで
 そもそも 止まり方=曲がり方の延長にあると言う感じで

覚えてること↓(再度書くw

①フロントフェンダー(前輪)と頭をつねに同じ方向に向ける。
②それなりの速度で走る。*それなりと言うのは 個人差があるので・・
③左足を前方に出す(曲がる時)
④リアをロック気味もしくはロックする。(曲がる時)
⑤前方 前乗り。スタンド立てて バイク上で立ち、そのままストンッと座る場所でニーグリップ。
⑥尻穴をシート角に乗せる(曲がる時)
⑦外足(右足)フトモモ 膝 踝ホールド 且つ ステップ踏み込み(バイクを押し倒しつつ 下に押しつぶす感じ) (曲がる時)
⑧腕は楕円を作る感じに
⑨ハンドルはスクウェアに持つ。

覚えているのは 今の所 こんな感じ


パイロンターン

まず 行うのは このパイロンターン

基本中の基本

これが 出来ないと 普通のバイクに乗ってると 変らん(フロントブレーキないけど・・)

まず パイロンに向かい アクセル全閉 リアロック 
上記の(曲がる時) その他を同時に行う

ある程度の速度 そしてバイクの傾け角度がキモ

バイクを止めた状態で言うと
バイクを左に傾け 左足を前方に出す ハンドル左側グリップエンドが左膝辺りまでに倒す
 そうすると 上半身と頭はつねにタンク・前輪方向に合わせなければならないので
 あらぬ方向を向いてる

このフォームを維持しつつ ある程度の速度・リアブレーキの強弱で曲がると言う とても奇妙な走り 感覚・・

ある程度の速度とあるが

 はっきり言うと 遅いと曲がらん

しかも 路面はダートで滑り 滑らないと曲がらない・・

AMは パイロンターン命

これで Amは殆ど終了


最初は 教えられた通りに やってみるものの なかなか出来ず・・・

特にリアロック後 つんのめって 逆側 いわゆるハイサイド状態に近いことになったり

そのまま 左側にコケたり 股裂き状態が続く。。。

が、

しだいにやっていく内に タイミングやら傾け方 リアの掛け方・加減がわかってくる


このパイローンターン・・・・

恐ろしく 疲れる 



ヘルメット脱いだら 

滝汗


最初に書き忘れたが ペットボトル1ℓ以上は用意必須!!

それでも 足りないくらいで・・・

スポーツ飲料 なのは 当たり前レベル

休憩は 自由


勿体無いから 無理してでもヤル!!は駄目


自分の体力・気力バランスは他人から見たら わからんし 限界もわからんので 無理は禁物

自己管理

特にPMからは

地獄

パイローンターンは約10分やり その後 200Mトラックの走行

その間は緑ゼッケンがパイロンターンになり 交互走行・練習になる

パイロンターンの成果を試すが これが なかなか・・・・

自分では もっとバイクを倒したい!!後輪ズリズリ~ フォームは教えられた通りのつもりでも

まったく上手くいかん・・・

倒せば コケル・・・

「ズリズリ」したいけど

 そのまま「ズサっー」が多く

スライドバランスが これまた ムズイ・・・

交互走行・練習を何回か行い 途中 強制休憩も入る

その後 計測走行(200m)後 昼食

計測結果 17秒705

 激遅

画像


!?マジ?

昼食

話しているとM氏が
M:「梨本塾キャンセルした(ニヤリ」
愚:「はい!?」
なぜに?と思い 聞くと
「名古屋に行く」とのこと。
どうやら M氏はロード 現GSXR1000より モタードが向いてるんじゃないのか?と思い始めたらしく
 梨本塾でモタをやってる人に着いていき 修行に出るらしい・・
今回の参加も モタの一環で来たとのこと

「いろいろ やりまんな~」

次に会う時は おそろしく速くなってるはず・・・・

「まずいぜ・・・」


疲労


PMになり 疲労が・・・

予想以上に ドッと出て

ぴたはは氏やブンブン氏が言っていた

 「左足が上がらなくなる・・」
 「フトモモの付け根が馬鹿になる」状態が 出始た。

おまけに軽く睡魔も 出てきた

PMも基本的に交互走行・練習です。
初心者クラスは SLとTWに乗ることが出来るのだが
自分はと言うと XRオンリーに決めておったので そのままXRで行き
最後のメニューの400m走行でSLにしようと考えていた


限界

みんな走るのですが 次第に
休憩組みも多くなった・・

自分も なにかを掴みかけ AM比べ 慣れてきた

ただし・・

フォームが崩れ

前期通り 前乗りで乗らなければいけないのですが 次第にシート真ん中にズレテ
 
座る感じで 何度も直す・・・

 左足が・・・・・壊れてきた・・・

そして ハイサイド・・

しかも AMでは1度もハイサイドではコケなかったのに
 PMでは何度も 地面に叩きつけられたか・・・・

 コケる回数が多くなってきた。。。。

これは 駄目と思い チョイと早い 自主休憩
(と 言ってもPMの交互走行1回だけパスでしたので 限界を超していた)

全体休憩中は講師の方のパフォーマンス走行(AM/PM)
画像

画像

画像

自分のカメラでは シャッタースピードラグで上手く 撮れん・・

画像

パフォーマンス走行を見る 方々

痺れ

休憩後 計測走行・模擬レース・400m体験先導付走行です。
計測結果 17秒524

「全然 速くなってない」


疲れも有り ハイサイドでの恐怖 そして右腕の痺れで 上手く走れん・・

どうやらコケた時 やっちまったらしく 手の甲に腫れと痺れが 徐々に・・

本来なら メディカルに行くのですが パッと見 行くまでもないと自己判断

その代り 
「無理せず 残りのメニューをこなそう・・」

最後の400mではSL230にしたのですが 乗りにくかった・・

講師の人は大きい方が安定して走れると言ったが
自分は どうも駄目

走行後 PIT脇のGSで自分のバイクに給油し 元の場所にバイクを置いて 終了

次回参加の人用 茂木・スクール側の給油の手間を省く為



スクール終了
終了ブリーフィングです。
その前に バイクに取り付けた計測器やら 借りたもの等 返却

その後
講師の方々の挨拶
それと AM渡された用紙に書かれている(大きく3つにわかれてる)

自分のライディング ・アクセルワーク・ブレーキコントロール ・ライン取り等の問題点
が書かれた紙を渡され 
その時に講師の方から 直(ちょく)にアドバイスを頂ける

「あぁ~ これが20名限定の理由なのか。。」

「これは良い!!次回も・・」と思う


帰宅

各方々に挨拶後 谷田部~三郷まで17㎞の事故渋滞・・

しかたなく 谷田部SAで休憩

起きたら21時半過ぎ・・

「寝すぎた・・・」

ダートラ診断(カルテ)に書かれていたこと
内容
①コーナー進入が遅いと言うことと 
②体力不足による ライディングフォームの崩れ
③十分に抜かせるのに 何故か躊躇してるらしい
④マシンコントロールは出来てるらしい
⑤基本から もう少し さらに上にイケルらしい

と 言うことらしい。

2012 訂正


































 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月13日 10:21
こぢんまりとしたスクールの様ですが、これがベストに思えます。走る機会も、声を掛けてくれる機会も多くなるのでベストです。
やはり、腕があがっちゃいましたか! なみ外れた腕力・体力が必要なのはどんなスポーツでも同じですよね。疲れた腕でビビッてアクセルを戻したりするといきなりハイサイドでぶっ飛びますが、殆どの人がココでショックを受けてバイクスポーツを諦めてしまいます。 んが、愚者さんは違うようですね。 さすが愚者パワー!!!

バイクも毎日練習するのが必須でしょうが、都会住まいでは空き地・造成地・河川敷に恵まれないのが辛いですね。 ?・・・愚者さんちの近くってモトクロスやダート遊びが出来る河川敷がありますよね!  つーことは、エンデューロ・マシンとかモタード・マシンがあればいいわけかっ!!

他人のコトですので、チョーテキトーに云っております。 燃えよっ、愚者パワー!!
ぴたはは
2006年03月13日 16:10
お疲れ様でした~ヽ(´ー`)ノ
未だに筋肉痛で涙涙だったりします。
またダートラであう機会があったら、
次はミドルクラスで勝負ですね♪
何人たりともオラの後ろは走らせないのです・・orz
2006年03月13日 21:41
南行氏>>腕は上がってないですよ。
ビビリミッターは上がったかも・・orz
今後はジムカーナ モトクロ辺りに挑戦かも・・と 無理を言ってみる(テスト・・

体力と金が 否 休みがあればか・・
2006年03月13日 21:48
ピタハハさん>>まさか・・
コメントを頂けるとは・・ありがとうございます。
かなりダメージ残るものなんですね~ 
ダートラって。
ダートラ以外 Nチビでも 勝負 お願いします。
最下位は 頂きますです!!